美意識の高低差ではなく価値観の違い

わたしが酵素ダイエットで痩せたいと思うきっかけとなったのは、世の中痩せている方が得をする、ということに気が付いたからでした。
多くの女性が、自分磨きとしての酵素ダイエットに精を出していることは知っていますが、わたしは自身は、少し違った見方をしています。なぜモデルのように細くなければいけないの?痩せなければいけないの?と疑問に思っていました。ふくよかな女性は美しいと心から思っていたからでした。

10年の間に、様々な環境の変化があり、ガリガリからぽっちゃりまでを体験しました。そして、わたしの知人の多くは、痩せていた時の方が好印象で接してくれていたことに気が付きました。体重が増えてくると、辛らつな言葉を言われる機会が増えます。男性からではなく、むしろ、女性から軽蔑にも似た発言をされたことがありました。その反対に、社会的弱者のように扱われることもあります。哀れみの言葉をかけられたりもします。酵素ダイエットで成功したいものです。

それらの体験から、世の中の女性達は、細いことが美しいという価値観で生きているのだと実感しました。その価値観からはずれた者は、価値の低いものとして扱われるのです。
価値の低いものが、価値の高いものと同等になるためには、相当な努力を強いられます。まずは、能力が高く性格の良い人と見られなければなりません。また、時としてサポート役に徹し、おもしろキャラやおばかキャラにもなりきります。このような、自分のことが嫌いになってしまうほどの努力をすることよりも、痩せることの方が遥かに楽です。それでわたしは痩せることを決めました。酵素ダイエットで1ヶ月で3キロ落とし、今はまだ2ヶ月目ですが、順調に筋トレと食事制限の効果が見えてきました。

痩せることが自分にとって得であることに気がつけば、酵素ダイエットほ苦ではないと思います。
すべての女性がいつかダイエットから解放される日がくればいいなと思っています。


PAGE TOP